DSpace
 

JWCPE Repository >
紀要 >
日本女子体育大学紀要 >
第34巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.jwcpe.ac.jp/dspace/handle/123456789/546

タイトル: 有効価値論から見たスポーツにおける観戦能力と中核的便益の関係
その他のタイトル: The relationship between the core benefits and spectating ability on spectator sports through a view of the effectual value theory
著者: 齋藤, 隆志
小野里, 真弓
Saito, Takashi
Onozato, Mayumi
サイトウ, タカシ
オノザト, マユミ
日本女子体育大学(講師)
日本女子体育大学(助手)
キーワード: spectator sports
instinct value
effective value
spectating ability
発行日: 2004年3月
抄録: I set the following purposes for this study, (a) the final purpose; to explain the relationship between effectual value, intrinsic value and spectating ability on the spectato rsports, (b) 1st sub-purpose; to prove correlation between spectating ability and effectual value, (c) 2nd sub-purpose; to describe the effectual value with depending on group of level of the spectating ability. Results are following; (1) The spectating ability and some of the effective values are mutually related. (2) The total effectual values are deferent depends on the level of spectating ability.
URI: http://ir.jwcpe.ac.jp/dspace/handle/123456789/546
出現コレクション:第34巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
nichijo_kiyo34-05.pdf648.11 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください