DSpace
 

JWCPE Repository >
紀要 >
日本女子体育大学紀要 >
第47巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.jwcpe.ac.jp/dspace/handle/123456789/738

タイトル: 舞踊におけるロマン的なるものの美学的考察
その他のタイトル: Aesthetic consideration of the romantic in the dance
著者: 松澤, 慶信
Matsuzawa, Yoshinobu
マツザワ, ヨシノブ
日本女子体育大学(教授)
キーワード: formalism
Befindlichkeit
Stimmung semantics
発行日: 2017年3月
抄録: The romantic is not only one quality of dance work but also essential momentum which regulates it. It functions as the intermediary of ontology and semantics, and the romanticism is based on the romantic as the intermediary which makes art thoughts change from mimesis of 18th century to formalism and expressionism of the late 19th century, and modernism of 20th century. Dance is in the sense the romantic as a categorical concept.
URI: http://ir.jwcpe.ac.jp/dspace/handle/123456789/738
ISSN: 02850095
出現コレクション:第47巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
nichijo_kiyo47-07.pdf381.21 kBAdobe PDF見る/開く
nichijo_kiyo47-07.txt25.14 kBText見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください